ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)

アイ・エス・ガステムは、ネット・ゼロ・エネルギーハウス支援事業にZEHビルダーの登録を行いました。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)とは



ZEHとは、住宅が年間で使用する一次エネルギー消費量を「住宅の躯体・設備の省エネ性向上」と「太陽光発電などによる創エネ」を組み合わせてその収支を正味(ネット)でゼロ以下とする住宅のことです。

「省エネ」と太陽光発電による「創エネ」で家庭で使うエネルギー収支をゼロ以下にする家。

ZEH 1年間の消費エネルギーゼロ以下の家

省エネ

住宅の断熱・気密性、通風・採光性を高めることで外気温に左右されにくい温熱環境を保ち、エアコンの使用頻度を低減。合わせて、高効率な省エネ住宅設備を導入することでエネルギー消費量を減らします。


創エネ

太陽光発電などによる自然エネルギーの活用によって家庭で使用するエネルギーをつくります。


ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)があたり前の時代に



ZEH国の省エネルギー施策で、2020年にはすべての新築住宅を対象に、省エネ基準適合住宅に義務化することで決定しています。
また、同じく2020年までにZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)を標準的な住宅にすることを目標として掲げています。
この流れは日本に限ったことではなく世界の基準となってきています。「家を持つならZEH」があたり前になる時代がすぐそこまで来ています。


アイ・エス・ガステムのZEH事業計画



アイ・エス・ガステムは平成32年度までに、ZEH住宅既築改修の普及率を50%とする目標を揚げています。(Nearly ZEHを含んでいます。)
目標

※平成29年6月更新


ZEHに関する海外諸国の規制・目標
  • 米国
    [米国]
    新築の住宅:2020年
    新築の業務用ビル:2030年(政策目標)
  • 英国
    [英国]
    新築の住宅:2016年
    新築の非住宅建築物:2019年(法制化)
  • EU
    [EU]
    新築の住宅・新築の建築物ともに2020年(加盟各国に法制度等の整備を要求)


2020年省エネ基準の住宅とZEHの省エネ性の違い



2020年の省エネ基準と、ZEHの省エネ基準の違いは、大きく分けて2つあります。
1つは「省エネルギー」です。2020年基準の消費エネルギーに対して、ZEHの基準は20%削減されています。
もう一つは「創エネルギー」。2020年基準では必須とはなっていませんが、ZEHでは消費するエネルギー分を作り出すことが基準となっています。
2020年省エネ基準の住宅とZEHの省エネ性の違い


エネルギーを消費するだけの暮らしから 無駄を省き、得をする暮らしへ。



ZEHの大きな魅力は光熱費ゼロの暮らし。住まい方などによっては光熱費がかかる場合もありますが、大幅に削減できることは確かです。ZEHは自然の恵みを活かしてエネルギーを節約します。太陽の光や風の取り入れ方をコントロールし、豊かな四季を感じながら夏は涼しく、冬は暖かい、健康で心地よい住まいを目指します。

資料請求 お問い合わせ