わんちゃんと旅行に行こう!(1)犬連れ旅行の極意

         わんちゃんと旅行に行こう!(1)犬連れ旅行の極意
まだまだ残暑の厳しい時期ですが、秋はもうそこまで来ています。気候が穏やかになって過ごしやすくなったら、わんちゃんと旅行に行ってみませんか?

1に下調べ・2に下調べ・3,4がなくて5に下調べ!
愛犬のための工夫
愛犬のための工夫1

*無理のない計画*
予定通りに進まない時やちょっとしたアクシデントにも、落ち着いて対応出来るように、無理の無い計画を立てましょう。

*お出掛け先の情報*
わんちゃんと一緒に入れるお店や遊ぶ場所・公園など、行ってみたら犬はNGだったなんて事のないように。「レストラン難民」になってしまっては、楽しい旅行も大無しです。

*泊まりの場合*
宿泊先のルールやマナーをちゃんと確認。不安な事は予約の際に確かめておきましょう。

*病気や怪我*
常用しているお薬などを持って行くの当然ですが、旅行先の獣医さんの場所も調べておけば安心です。


愛犬のための工夫2


■移動手段■
*電車を利用する場合*
必ずケージやキャリーバッグにわんちゃんを入れてあげて、顔や体を出さないようにマナーを守る。他の方の迷惑にならないようにする事が、安全で楽しい旅行の第一歩です。

*車の場合*
車内でフリーにするのは避ける。いつも使用しているクレートやケージの中の方が、わんちゃんも安心していられます。

*ツアーの場合*
わんちゃんと一緒のバスツアーなどもあります。各ツアーのルールを守りましょう。

*確認しておきたいこと*
いずれの場合も、休憩時間や場所を確認し、わんちゃんに負担の無いようにしてあげて下さい。


愛犬のための工夫3

■持ち物■
*フード*
環境が変わるとデリケートに。余計な負担をかけないように、普段食べているご飯やおやつを持って行きましょう。

*お水*
特にデリケートなわんちゃんの場合、お水が変わっただけでもお腹を壊してしまう事も。飲み慣れたお水を大きめのペットボトルに入れて持って行くと安心です。

*食器やタオル類・おもちゃ*
普段使っている食器やタオル類・おもちゃなども一緒に。

*マナーグッズ*
排泄や抜け毛などに対するマナーグッズは必携ですよね。






PDF版をご覧になれます。

ISG リホームについてのご質問・ご不明点がありましたら、
お気軽にお問い合わせください。
資料請求 お問い合わせ