夏のおでかけワンポイント

         夏のおでかけワンポイント
いよいよ夏休みがやってきます。
山や海へ出かけるチャンスも多くなりますね。
今回は、愛犬と一緒にドライブを楽しむためのポイントをご紹介します。
愛犬のための工夫
愛犬のための工夫1

①車に乗る前は時間のゆとりを持って
快適なドライブのためには、一日の計画が大切です。
ドライブの日は、出発時間を考えてフードやお水をあげましょう。
食べてから出発までに、あまり時間がないと気持ちが悪くなってしまうこともあります。
吐いて、叱られれば、ますます車が苦手になってしまいます。

②車の中では心も体も安定させてあげたい
自由に広い場所を動けるよりも、安心できる空間にいる方がワンちゃんは落ち着けます。
身体の大きさに合ったクレートに入れてあげたり、シートベルトやリードで短くつないであげた方が、心も体も安定します。


愛犬のための工夫2

③いつも家で飲んでいるお水を持っていきましょう
知らない場所では、犬も体調を壊しがち。
そんな時にも飲みなれたお水があれば、安心です。

④車酔いは運転の仕方によっても大きく違ってきます
急ブレーキ、急発進はしないでスムーズな運転を心掛けましょう。
途中、よだれが大量に出てきたり、シートなどを執拗に舐めるようなら酔い始めたのかもしれません。すぐに車を止めて、休ませましょう。
どうしても酔ってしまうようなら、あらかじめ獣医さんから酔い止めをもらっておくのも一案です。


愛犬のための工夫3

⑤サービスエリアごとに休憩を取るくらいの気分で1~2時間ごとにはお休みを取りたいですね。
サービスエリアでワンちゃんを車から降ろしたら、土や草の所で匂いを嗅がせたりして気分転換をさせてあげましょう。
オシッコやウンチをした時の後始末は、もちろん忘れずに。
飼い主さんのトイレ休憩中も、決してワンちゃんだけにしないこと。
犬が苦手な人や小さな子ども、お年寄り、また逆に犬が大好きな人にも注意が必要です。
⑥車の中に置き去りにしないこと
夏の車の中はあっという間に50度くらいまで上がります。冷房を入れているからといっても安心できません。
車を離れた時に冷房が何らかの原因で止まることもあるからです。
止まってしまったら、わずか10分程度でも、命の危険があります。
必ず誰か一緒にいましょう。


特集記事
特集記事4

<暑さが苦手な犬のためのグッズ>
暑さが苦手な犬のために、こんなグッズはいかが?
①『クールアルミジェルマット』は、ひんやり冷却ジェルと放熱性の優れたアルミのW 効果で冷蔵庫などで冷やさなくても、ひんやり感が持続。

②『クールベスト』は、水につけるだけでひんやり快適。水の気化熱を利用し、ワンちゃんの身体を涼しく保ちます。 ①②ともにサイズバリエーションあり。

③『PAWZ』は、散歩のときなど暑くなった地面、アスファルトの熱から足を守ってくれるかわいい犬用ブーツ。ゴム製で犬の足サイズに合わせて7種、7色あり。
フローリングなどはつるつると滑りやすく、腰を痛めてしまう危険性もあるため、フローリングのお部屋を歩くときの滑り止めにも効果的です。

※犬グッズ通販「スマイヌ」http://www.sumainu.jp/より





PDF版をご覧になれます。

ISG リホームについてのご質問・ご不明点がありましたら、
お気軽にお問い合わせください。
資料請求 お問い合わせ