現場奮闘記

玄関ドア カバー工法 リクシル 親子ドア

2020年4月18日

本店の泉澤です。

 

今回は元々アルミ製の親子ドアでしたが

表面の劣化に伴い玄関ドア交換のご相談をいただきました。

 

今までの玄関ドアです。 全体的に白化してきて気になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新築の際に両開きの「親子ドア」にしてみたものの

特に両開きで使うこともなく過ごしてきたとのお話でしたので

扉自体の幅は小さくすることもなく、

「片袖タイプ」に仕様を変更して取り付けさせていただきました。

カバー工法は既存のアルミ枠を建物側に残した状態で

新規のアルミ枠を上下左右の4方向にはめますが

事前の調査をしっかり行うことで足元に段差ができることもなく

設置することが可能です。

新規のアルミ枠を設置したところ。 上左右は新旧の枠が2重になっていますが 足元は段差ができていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(条件により若干の段差が生じる事も有り)

室内外ともに壁を壊すこともなく施工できるので

1日あればリニューアルも完了です。

 

今回は同色での交換でしたが、 建物の顔である玄関ドアが一新すると イメージが変わりますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

玄関ドアも各メーカーともに色々な仕様のものがありますので

これからの季節で「通気」「防犯」などで

お困りの方のご相談が増えると思いますので

皆さんも検討されては如何でしょうか。


ブログ一覧
資料請求 お問い合わせ